C-11

糠地郷バタフライガーデン

四季折々の花が彩るバタフライガーデン


豊かな里山の自然を守り、絶滅危惧種の蝶の棲みやすい環境づくりを行っています。
9月〜10月初旬ころには、海を越えて長距離を旅をする渡り蝶「アサギマダラ」のほか、ミヤマシジミやクロツバメシジミ、オオムラサキなど40種類以上の蝶が飛来します。


糠地郷蝶の里山会の会員さんやボランティアの方々の手により、蝶のエサとなるさまざまな草花がきれいに整備されています。

「はじめは、絶滅危惧種のミヤマシジミを保護するために活動を始めたんだ。
今では同じような絶滅危惧種のクロツバメシジミが少しずつ増えてきたり、国蝶のオオムラサキも産まれるようになった。
季節によって、40種類以上の蝶が飛んでくるよ。

最盛期の9月中旬頃には、海を越えて移動する渡り蝶のアサギマダラが300頭ぐらい乱舞することもある。

蝶の種類によって好きな草花も違うから、種から苗を育てたり、花のお世話にも手がかかるけど、ゆっくり散歩しながら、花と蝶を楽しんでもらえたらいいですね」

40年以上、蝶の標本づくりや撮影を続ける宮坂さんが作った蝶の展示室には、ミヤマカラスアゲハやオオムラサキなどの標本が展示されています。

住所:長野県小諸市滋野甲4162ロ号-71
営業時間:10:00-16:00
URL:https://blog.goo.ne.jp/nukajigou-project/

LINE公式アカウント「信州こもろ・こま〜す」へアクセスできない方はこちら。

近隣スポット情報

その他のおすすめスポット

  1. 弁天の清水

  2. 佛光寺

  3. 光岳寺

  4. 布引温泉 こもろ

  5. テールドシエル NUKAJI WINE HOUSE

  6. 氷風穴